コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
工藤慎太郎 『シェフ』
一生懸命やることさえも
汗水流して働くことも
馬鹿にされてしまう世の中だから
人は素直になれなくて







このブログで工藤慎太郎を2回続けた…のには理由がある。
このシェフの映像を、去年の一時期に本当に繰り返し何度も見たためだ。
というのも、一時期やけにカラオケに行く機会があって、その時期やけに曲間にこの映像が流れたためだ。uga?だったかどうだったか。

この歌詞が実話をもとに作られたらしい…ことは、恐らく誰にでも容易に想像がつく。
フォーク調の曲調も、どこか柔らかい尾崎豊を彷彿とさせる歌い方も、私小説のような歌詞の世界も、そこで伝えるメッセージも、よくも悪くもそのすべてが前時代的なものだ。

彼がまさに歌うように「一生懸命やることさえも 汗水流して働くことも 馬鹿にされてしまう」この時代において、こうしたスタンス/スタイルの音楽をするということは、特別な印象を聴く者に与える。

まさに素直であることが難しい世の中だからこそ、その対極にある「一生懸命やること」を体現する彼の姿が、不思議な光を帯びて映るのだろう。







Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。