コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
斉藤和義 『嫌いになれない』
これは愛情? それともただの情?
君を嫌いになれない





斉藤和義の『 I LOVE ME』を買いまして…というか最近、斉藤和義のことばかり書いておりますが…そこでの気になる歌詞をいくつか。

『嫌いになれない』にでてくるこのサビのフレーズ。
これは愛情? それともただの情?
ん~…胸に詰まるものがあります。
というのも、若かりし頃、とある女の子といきなりそういう関係になってしまったときのこと。

当時の僕には本命の人がいたりもして、その娘に対しては心の中では遊びのつもりとかではなかったものの、結果的にそういう風になりそうな気配もあり、いかがしたものかと思案顔をしながらも、まんまとまた泊まりにいったりしてしまったわけです。
…で、なんだかんだがあって、少しぼーっとしていたところで、彼女が言ったのが、


 あのね、人は3度肌を合わせると、情が移ってしまうものなの。
 だから…次にまた来るのなら、そういう覚悟で来てね。


そのとき、3つも年上だった僕は、あきらかにいくつも彼女よりもこどもだったわけで。
はっとしてしまい、そしてなんともうろたえた。
…そして結果的に、もう2度と彼女の家に行くことはなかった。つまり3度目はなかったわけです。
年下で大人だった彼女に、このままずるずる中途半端が続くことをきちんと終わらせてもらえた。

それ以来、僕の中でそのコトバは一つの行動規範となっています。




あとは『男節』に出てくる、この歌詞!

俺を選んだおまえが悪い!


うーん。ここまで開き直れる男気がうらやましい。
男らしさと、だらしなさは、ときに紙一重というか、バカというかなんというか。
いや、やっぱりうらやましぃ。
いつか誰かに言おう。


最後に『バカにすんなよ!』の

マスコミが悪い テレビがそう言ってる
いや いや…おまえがそうだろ!


自己言及を見事にツッコミ批判。
自分でボケて自分でツッコむ=ノリツッコミかっ!と横からツッコむ。
あ、「tsu.com=ツッコム」 ていうドメインあるのかな。
本当にどうでもいいことだけど。。。




I LOVE ME(初回限定盤)(DVD付)I LOVE ME(初回限定盤)(DVD付)
(2007/10/17)
斉藤和義

商品詳細を見る







Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。