コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
斉藤和義 『歌うたいのバラッド』
ずっと言えなかった言葉がある
短いから聞いておくれ
「愛してる」






正直な話をさせてもらえば、この素敵な歌をだいぶ昔に聴いたときに、素敵すぎるなんて思ってしまった。

僕のイメージする斉藤和義は、もっとひねくれていて、普通は言ってはいけないきわどいことを素直すぎるくらいにスッと言ってしまう、矛盾に染まった人だった。はずなのに。

この歌は、ちょっと素敵すぎるな、なんて距離を置いてしまっている自分がいた。

素直さに狼狽えるのは、ひねくれた人間の性ではあるけれども、

嗚呼 目を閉じれば 胸の中に映る
懐かしい思い出や あなたとの毎日


とか、いいこといいすぎっ、と唸るのも忘れて頷いてしまったりして。

まあいい曲なんですよ。はい。素直に認めますけど。

…ただ、ここで取り上げた歌詞の部分。
「愛してる」
なんてカッチョよすぎる締め方については、名曲に対するオマージュがある(ような気がする)。

その曲とは、ジャズの名曲『Fly me to the moon』

『月まで私を飛ばして』と、飛んだタイトルのこの曲のエンディング歌詞は、

in other words,
I love you


言い替えれば、 
「愛してる」


…これはカッチョよすぎる。

なんだか色々…つべこべ、あれこれ、なんだかんだ、あーだこーだ…言った挙げ句に、溜息を一つこぼし、肩をすくめてみたりして、急に真顔で、
「つまり…愛してる」
みたいなことを言ってしまうアメリカ映画の1シーンとか思い浮かべてしまう。


大御所シナトラ・バージョンをひとまず(歌詞つき)



エヴァンゲリオンのテーマとして宇多田ヒカルも歌ってましたね。




…いずれにせよ、「愛してる」なんて締め方は素敵すぎるなぁ。
というわけで、色々と書いてしまいましたけど、結局…なんだろな、うまくまとめられないですけど、こうした素敵な曲を僕はやっぱり「好きです」。


(これくらいの締め方なら。まだ)










Comment
≪この記事へのコメント≫
斉藤和義さんの曲はほとんど知りませんが、「歌うたいのバラッド」だけはものすごい聴いてました。
ジャズもほとんど知りませんが、「Fly me to the moon」だけはよく聴かされてました。
どちらにしろ思い出深いです。
2007/10/22(月) 11:20:40 | URL | desk #-[ 編集]
思い出
「歌うたいのバラッド」はどこかのスキー場でかかっていたのを思い出します。
リフトに乗りながら、ずっと聴いていた。
この曲を聴くと、必ず思い出す風景です。

「Fly me to the moon」は最初にジャズで弾いた曲の一つ。4ビートでも8ビートでもいろいろ弾いたものです。村上龍の小説「恋はいつも未知なもの」でも特別な扱いをされている曲でした。

ちなみに、よく聴かせていたのは誰なんでしょうね。

不思議と、曲にまつわる記憶には、風景やそのとき一緒にいた人なんかが含まれることがあったりしますよね。

どちらにしろ思い出深いものです。
2007/10/22(月) 12:28:53 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
何かで読みましたが、とある方に斉藤さんが「そういえば、歌詞に『愛してる』って言葉、出てこないよね」と言われて「そうだっけ?」と調べてみたらホントに無くて、「カッコつけたり、照れたりしている場合じゃないな」と思って、この詩になった・・・みたいなことを言っていました。

こんな、どストレートに「愛してる」なんて、プロっぽくないし、安くなっちゃう危険も孕んでいるけど、そう思われたくなくて回避するほうが、“カッコ悪い”って思ったんじゃないでしょうかね。


『ハッピーエンドの映画を今 イメージして歌うよ』

私はココが好きです。
2009/03/16(月) 21:39:11 | URL | なつめ #-[ 編集]
愛してるから逃げない
なつめさま

引き続き…コメントありがとうございました。

「愛してる」から逃げないというお話、大変興味深かったです。
逃げたくなる気持ちがよくわかるだけに。
英語なら「I LOVE YOU」って歌詞で言えても…みたいなところありますよね、確かに。

「流行には左右されない」と意識していたとしたら結局、流行に左右されている。

と昔思ったことがありましたけど、そういうところもあるように思いました


「ハッピーエンドの映画~」の部分を好きだと言っていた人を思い出しました。
やっぱり何かドラマチックなんでしょうか。
女性に人気のフレーズです。
…わかるけど。


ついでに…「淋しい悪魔も死んじゃった」はいいですよね。
「死んじゃった」ていう言い回しが。
「猫ふんじゃった」みたいで。
…違います?
でもやっちゃった感が、なんとも気持ちいいフレーズです。
たとえ意味はよくわからなかったとしても。。。


2009/03/25(水) 15:11:19 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
「消えちゃった」でも「忘れちゃった」でもなく、「死んじゃった」。
無邪気な言い回しに「死」という文字のちょっとの毒気が絶妙だと思いました。

消えてもまた出てくるかもしれないし、忘れたつもりでも思い出すかもしれない。
でも悪魔は「死んじゃった」んだから、大丈夫。。。
2009/03/26(木) 22:01:45 | URL | なつめ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。