コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
コブクロ 『エピローグ』
いつか生まれ変わり 
また別々の命を歩むとき
通り過ぎる見知らぬ影が 
私だと気付いても
声はかけないでいて
また恋してしまうから








コブクロの隠れた名曲。
最近知った曲ではあるけれど、そんなに派手な曲ではないけれど、静かに深く響く曲なので、ここで少し語りたい。

別れって、その理由が何であれ、どちらにあるにせよ、はっきりさせたい。タイプ。私は。
もうこれっきりであることを、どんなに深く傷ついても、傷つけても、明確にしたい。
ふられるのなら、「もしかして」も未練ないくらいに徹底的に。
連絡とかも、もう一生、二度としないようにしたい。
その恋に、悔いを残したくないから。
好きだった、という気持ちを嫌いになりたくないから。
そして、なによりも、次を前向きに歩むために。
別々の、それぞれの、道になるわけだけど。

「生まれ変わったら一緒になろうね…」という有名なセリフがありますが、この曲はそのアンチテーゼであるわけです。

また恋してしまうから

という言葉に込められた想い。
それは、それほどまでに別れが辛いものであったことを表現しているわけです。

 
 あの夜に戻りたい
 恋人じゃない頃に


という歌詞も、恋人にならなければ、こんなに辛い別れを体験することもなかったのに、との想いから生まれた言葉。


…だけど、とどこかで感じている自分もいます。
これほどまでに思える相手なんて、そうそう現れるものではない。
今さっき上で書いたことも、まったく反対の解釈もできるような、そんな気もしている。
恋人になったことすらを否定しまいたくなるような言葉は、まさに逆説的な表現だ、と。

いずれにせよ、別れた直後の場面、心境である気はしています。
時間が経てば…それがどれくらいなのかは一切わからないけれど…
また違った…それがどういうものなのかは人それぞれだけど…
想いを抱くであろう。そんな気がします。

どんなに短命な恋愛でも、どんなに別れが辛いものであっても、
その人と恋愛関係にあったこと、その人と出会えたことそれ自体については、
いつも感謝にも似た気持ちを私は抱きます。










Comment
≪この記事へのコメント≫
コメント
コメントありがとうございました。
最後の歌詞に対する共感を、偶然にも語っていただいて…

動画を発見しましたのでアップしてみました。
運良くライブ版を。

いい曲ですね。
2008/09/08(月) 13:12:24 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
この曲、初めて聴いたときから、心動かされました。状況は違ってもこの気持ちには、共感できます。何回聴いても、初めて聴いたときの気持ちに戻れる曲です。
ライブ版、最高ですね。ありがとうございました。みんなに聴いてほしいような、知っている人だけでソット聴いていたいような・・
そんな、感じです、今は。
2008/09/08(月) 14:17:06 | URL | kimi #-[ 編集]
コメントは…
⇒kimiさん
コメントは「管理人のみ閲覧」にしようとした?ということでしょうか。
もしそうなら、先ほどのものはオモテに出ないように処理しますよ。
今ここに私が書いているコメントと共に処理します。
…すみません、メールなど送ることができなくて。

いずれにせよコメントはありがとうございます。
2008/09/08(月) 16:07:50 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
エピローグ、現在、大切な人のことを想いすぎている私にとっては、かなり心に響く
曲です。何かあると必ず、思い出されます。
2008/09/30(火) 15:14:04 | URL | 純 #-[ 編集]
生まれ変わったら…
コメントありがとうございます。
そうですね。響きますね。

ふと、自分も思い出されることがあったりして、
深く想うところもありますけど、
もしも生まれ変わることができたなら、
それでまた辛い思いをするとしても、
それでも僕は話しかけてほしいのかもしれない、
と思ったりしました。

同じように堪え難い辛さを味わったとしても、
またその人と出会うことができるのならば。
それは、終わりが約束されていて、
その後に辛い日々が待っていたとしても、
生まれ変わってもまた出会いたいと、
そんな風にも思ったりしました。

それがよいのか悪いのか…そうした善し悪しを超えたものとして、ですけど。


2008/10/01(水) 20:59:02 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
お久しぶりです。しばらくぶりに聴きました
やはり、今でも心に響いてきます。
あの頃よりもっと、かもしれません。
あの時より彼への気持ちがもっと、傾いているから・・・
2008/12/07(日) 23:34:13 | URL | kimi #-[ 編集]
こんにちは。今日も、エピローグ突然聴いてみたくなりました。
いつ聴いても・・・泣きそうです。
来年もよろしくお願いします。
2008/12/31(水) 13:08:05 | URL | 純 #-[ 編集]
いつまでたっても 何度でも
いつまでたっても
何度でも

思いが消えない限りは
同じ感動がよみがえる

…或いは痛みが。

わかります。


今年もよろしくお願いします。

2009/01/04(日) 21:18:47 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
コブクロコブクロは、癒し系フォーク・デュオとして2001年3月にデビューする。ミノスケオフィスコブクロ所属。レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。研音と業務提携中。メンバー小渕健太郎(こぶち けんたろう、1977年3月13日 -)* 宮崎県宮崎市出身。O型。身長...
2007/10/16(火) 07:10:04 | あいねの記録
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。