コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
かりゆし58 『アンマー』
アナタのもとに生まれ落ちたことは 
こんなにも幸せだった
今頃ようやく気づきました 
こんな馬鹿な私だから








初夏の晴れた昼下がり 私は生まれたと聞きました
母親の喜び様は大変だったと聞きました
「ただ真っ直ぐ信じる道を歩んでほしい」と願いこめて
悩みぬいた末に この名を私に付けたと聞きました

我が家はあの頃から やはり裕福な方ではなく
友達のオモチャや自転車を 羨ましがってばかり
少し困ったような顔で 「ごめんね」と繰り返す母親のとなりで
いつまでもいつまでも 泣いたのを覚えてます

アンマーよ 
アナタは私のすべてを許し すべてを信じ すべてを包み込んで
惜しみもせずに何もかも 私の上に注ぎ続けてきたのに
アンマーよ 
私はそれでも気付かずに思いのままに過ごしてきたのでした

「強さ」の意味をはき違えて ケンカや悪さばかりをくり返し
勝手気ままに遊びまわる 本当にロクでもない私が
真夜中の静けさの中 忍び足で家に帰ったときも
狭い食卓の上には 茶碗が並べられていました

自分の弱さに目を背け 言い訳やゴタクを並べ
何もせずにただ毎日を だらだらと過ごし続け
浴びるほどに飲んだ私が 明け方眠りに落ちる頃
まだ薄暗い朝の街へ 母は出て行くのでした

アンマーよ 
私はアナタに言ってはいけない 決して口にしてはいけない言葉を
加減もせずに投げつけては アナタの心を踏みにじったのに
アンマーよ 
アナタはそれでも変わることなく 私を愛してくれました

木漏れ日のようなぬくもりで 深い海のような優しさで
全部全部 私のすべてを包み込んだ
アナタの背中に負われながら 眺めた八重瀬岳の夕陽は
今日も 変わらず 茜色に街を染める

度が過ぎるほどの頑固さも わがままも卑怯な嘘もすべて
すべて包み込むような 愛がそこにはありました
アナタのもとに生まれ落ちたことは こんなにも幸せだった
今頃ようやく気づきました こんな馬鹿な私だから

春先の穏やかな朝に 新しい命が生まれました
アナタの様によく笑う 宝石みたいな女の子
「優しさの中に凛々しさを秘めた人」になるようにと願い
アナタの一番好きな 花の名前を付けました




この曲を聴いて、この歌詞を読んでも、涙は出ませんでした。
こぼれ落ちそうになるのを、なんとかこらえたから。

歌詞が一連のストーリーになっているので、すべてを載せてみました。
リリーフランキーの『東京タワー』以来、母親モノは涙を誘う鉄板みたいになっていますが、それは誰しもの胸に普遍的に響くテーマだからなんでしょうな。
自分の誕生日に、母親に歌いたい、なんて思いました。

「アンマー」とは、沖縄の方言で母親のこと。
歌詞で描かれるのは、誕生から今に至る成長物語。
あまり裕福でなかった幼少時代、
ケンカや悪さに明け暮れて(中学2年で退学…)迷惑ばかりをかけた青年時代、
何もせずにぶらぶらと過ごした時代…
母親への悔恨の思いと、愛情がせつせつと綴られていく。

そして今では娘も生まれ、この歌も生まれた。
この歌を聞かされたアンマーは、さそがし涙したことでしょう。


歌詞を眺めてみた場合、結構な分量であるにもかかわらず、
軽快なテンポで語るように歌われているため、長い印象は感じさせない。

自らの人生の時間軸に沿って、事実の状況描写を多用しながら、印象的な場面を上手にピックアップし、クローズアップしていく。

「アンマーよ」と歌うサビの部分では、母の慈悲深い愛情と、自らの愚かさをコントラストに描くことで、その愛の深さを際立たせている。

大切なものは失ったときに、その大切さに気づく。
なんて言われますが、もしかしたらこの歌い手は、
大切なものを手に入れたときに、
その大切さに気がついたんじゃないか、

とそんな気がするのです。

大切なものとは、「新しい命」である自分の娘のことで、自らが親になったことで、はじめて親のありがたみを実感したんじゃないのかな、と。

親がどれほどの深さで、自分の子供のことを大切に思うのか、親になってはじめて思い至る。
そして自らの愚行を嫌というくらい思い出し、逆に自分がどれだけ幸せ者であったのかを思い知る。
すべてがすべて、そうではないにせよ、ある部分ではそうじゃないのかなと、そんな気がするのです。

だけど、結果的に母の愛の深さに気づき、そしてこの歌を歌うことのできたのは、やっぱりアンマーが愛情をかけて育てたおかげなんでしょう。
その深い深い愛情が、こうして「アンマー」という歌として、美しく昇華されたんだと思います。





ちなみに作詞した人の名は、前川真悟。
「ただ真っ直ぐ信じる道を歩んでほしい」という願いがこめられた名前。
「優しさの中に凛々しさを秘めた人」という願いのこもった、アンマーの一番好きな花の名は、果たして何というんでしょうね。









Comment
≪この記事へのコメント≫
歌詞ながめててひらめきました。
アンマーの一番好きな花の名前。
字は違うけど、「優凛」で「ゆり」ちゃん。
違うかな。

私も母を大事に想ってくれる息子が欲しい。
その前にやるべき事がありますけど。
それはさておいて。

2007/09/11(火) 09:58:29 | URL | desk #-[ 編集]
アリウル
「優凛」ちゃん…あり得る。
なるほど。言い得て妙ですね。
ただ、漢字としては難しすぎるかも。
入試のときなど、名前を書くために時間をロスして娘が困ってしまいそうですね。

それはさておき、どこかのブログで彼には娘は生まれていない…どころか結婚もしていない、という噂を聞きました。真意のほどはわかりませんが、ご存知の方があれば情報をいただきたく。

「母を大事に想ってくれる息子が欲しい」…
というより、そういう息子に生まれてくるものではなく、育てるものなんでしょうね。
つい本日、実家の母から電話があり、ありがとうと言われました。
というのも、離れて暮らす母からリクエストのあったなかにし礼の本を贈ったためです。
…しかもCDを一枚プレゼントとして添えました。
それが何を隠そうこの曲なんですね。ええ。
ちょっとよくできた話ですけど。

母を大事に想うような息子に少しはなれたかな、と自負していたりもします。
2007/09/11(火) 23:28:58 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
勝手に名前を想像してるようだけど彼には子供いませんので(笑)
2008/10/20(月) 07:16:49 | URL | #-[ 編集]
そうそう
そうなんですよね。
実はこの記事を書いたときに、調べたらそうだと(=子どもいない)と知って、逆に驚いたりしてました。

でもこの歌詞の世界観の中で考えると、
やはり前にもでましたが…

 優凛(ゆり)

が、当たりのような気がしますね。
なんだか、確証はないけど、確信はあります。

2008/10/21(火) 17:12:22 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
真悟さんのお母さんの好きな花はパンジーだそうで、この子供は想像だと言っていましたよ。実際つけられたわけではないみたいです。
2009/05/18(月) 12:34:55 | URL | かりゆし #-[ 編集]
パンジー…
パンジーという名前だとしたら、なんとも
ファンキーですねぇ。。。

実際は違うにせよ、歌詞の世界では、

「あなたの一番好きな花の名前をつけました」

とあるわけで、
にしても、やっぱりファンキーですねぇ。。。
2009/05/29(金) 18:11:15 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
お土産のシーサの名前に「ゆうな」という名前があったので由来をきくと沖縄の花の名前からつけられたものでした。
沖縄の花で女の子の名前といえば「ゆうな」では?



2009/07/18(土) 14:13:51 | URL | #-[ 編集]
それはゆうな!(嘘)
タイトル、嘘ですよ。
念のため。

「ゆうな=オオハマボウ」

オオハマボウ(大浜朴、学名:Hibiscus tiliaceus)は、アオイ科の常緑高木。別名はユウナ(右納、沖縄や奄美地方の呼び名)、ヤマアサ。また、ハワイでは「ハウ」と呼ばれる。

(Wikipediaより抜粋)

…ゆうな、可能性高いですね。

ゆうなの「ゆう」が「優」に置き換えられますし。

ただこの場合「な」はどんな漢字になるんでしょうね?

菜、奈、那、南、……

沖縄だけに、「那」とか。
つまり、

優那(ゆうな)

…うーん。。

謎は深まるばかりです。

優凛(ゆり)説も、
班爺(パンジー)説も、
ありますからねぇ。。。
2009/08/13(木) 15:03:50 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。