コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
UA 『甘い運命』
愛し合う悦びに 涙こぼれる
甘い運命に 溺れましょう









日本語が日本語に聞こえない。しかし意味はよく伝わる。
そんな不思議な音声表現、独特の歌唱法。
何かの境界にあるような声で、そこでしかありえないような歌が生まれる。
どこか人間の根源的な、非言語化時代の記憶を呼び起こされるというか、そんな感じ。
アフリカのどこかの民族の、原始的な儀式に捧げられる声。
…とまあ、uaのことを考えると、色々と思うところがあるわけです。


この曲、好きです。
一度、ジャズのピアノトリオでやろうとしたことがあるくらい。
…あまり、うまくはいかなかったけれど、また挑戦したい気持ちはある。


溺れるくらい価値のある、甘い運命を感じたいものだ。
そんな運命に、人生が破綻するくらい翻弄されてみたい…
ちょっとだけそんな思いが僕のどこかにいつもあるのです。











Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。