コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ムーディー勝山 『右からきたものを左へ受け流すの歌』
イントロ Am Em B7 C D Em

Em         Bm
右から 右から  何かがきてる

Em     C     B7
僕はそれを 左へ受け流す

Am         Em
いきなりやってきた 右からやってきた

Am         Em
不意にやってきた  右からやってきた

B7     C  D  Em
僕はそれを 左へ受け流す

Am       Em
右から左へ  受け流す

B7    C   D    Em
左から右へは  受け流さない

Am       Em
右から右から そう右から来たものを

B7   C D  Em
僕は 左へ受け流す

Am   Em
もしも あなたにも 

C        D        Em
右からいきなりやってくることがあれば

Am     Em
この歌を 思い出して
 
B7     C   D   Em
そして左へ 受け流してほしい

  B7 
右から来たものを 

C D Em
左へ受け流すの歌








コードをつけてみました。
前に友人にお願いされたときに、ピアノで。
ちょっとスペースがずれているところもありますが、キーはあっているはずです。

この歌詞の面白さは、浜ちゃんもさんざんつっこんでいましたが、
「なにがやねん!」と、何がやってきているのかを最後まで一切、明らかにしないところ。
ある種エヴァンゲリオン的な、謎を謎のままに楽しむテクニック。

そしてこの歌の面白さは、こんなふざけた歌を結構まじめな体で真顔で笑わずに歌うところ。
しかも昭和のムード歌謡の形式をとることで、ノスタルジックな懐かし笑いも醸し出して。

なかなか、計算された完成度の高い、歌詞であり、歌であり、芸なのです。









Comment
≪この記事へのコメント≫
コードありがとうございます
2010/10/26(火) 01:31:01 | URL | #-[ 編集]
いえいえ
どうぞお楽しみください。

これくらい単純な曲だと、
最初のキーさえわかれば、
ちょっとだけ時間をもらえれば、
だいたいコードはつけられるのが
小さな得意技。

…本当にスゴい人は、一発でできるんでしょうけど。

絶対音感とかあればなぁ…と
いまだに思ってます。
そのへんが自分にはわからないことだけ
わかってます。

このコードをどう使うんでしょうか…
…そっちの方が気になりますが。

ぜひお楽しみください。

2010/11/05(金) 15:45:31 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。