コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Mr.Children 『彩り』
僕のした単純作業が
この世界をまわりまわって
まだ出会ったこともない人の
笑い声を作ってゆく

そんな些細な生き甲斐が
日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に
少ないけど 赤 黄色 緑








これはアーティスト桜井和寿の思いであると同時に、多くの人の腑に落ちる思いでもあるような気がする。
この曲を聴いたときに、少し狙いにあざといところがあるなぁ、なんて思いながらも、通して聴き終えたときに、あぁ…と心にやっぱり胸のどっかに何かが落ちている気分がした。

自分の仕事に誇りをもてますか?
というのは、僕にとっては大きなテーマで、最近よく自問自答したりもしていて。
自分の父親は教員で、妹は看護婦で、僕自身も元々は医者を目指したりもしていて(それで2年ほど浪人生活をしたわけだけども、、、)、なにか社会的に意義のあることをしたい、という思いは少なくとも抱きやすい環境には育ったような気もする。

そして、なんだかんだめぐりめぐって、結果的に今はコピーライターをしていて…なんか社会の役にたってんのかなぁ…と漠然とよく思う訳です。
はっきり言って、コピーとかクリエーティブとか言われるけど、コマーシャル・商売なわけで、自分の純粋さとかそんなんが、そのまんままかり通るもんでもなくて、理想と現実とのギャップを日々感じ続けている。それに、そもそも世の中のために役に立ってんのかな、という思いはあまり実感しにくいところがある。
楽しい広告を作って、世の中を明るくする、なんて嘘はつけますが、それも言っている先から何か虚しい気分にもなる。
そんな中…私がなんとなく出した結論は、社会的なメッセージを送るコピーライターになろうと、単純に言えばそういうこと。
環境、教育、戦争、憲法、歴史、差別、政治、少子化、年金……なんでも、自分が普通の一市民として気になることを、どんどん勉強し、メッセージを表現していこうと思う訳です。

CSR=Corporate Social Responsibility
=企業の社会的責任、なんて最近よく言われますが、
CSR=Crator Social Responsibility
 =クリエーターの社会的責任
、みたいなものが、これから大切になってくる気がする。

ただいいコピーを書く、きれいな絵をつくる、だけでなく、そのクリエーターがどんな社会的な関心を抱いているのか、つまり人間性が問われる時代がくるんじゃないか、と。きたらいいなぁ、と、漠然とではあるものの、僕は思っています。

そんな胸に秘めた熱い思いのような何かを、この歌詞はさりげなくコトバにしてくれているような気がします。
桜井氏も、よく社会的なメッセージを歌詞にしていますが、思いだけは共通なものとして共有したい、なんても思います。


今 社会とか世界のどっかで
起きる大きな出来事を
取り上げて議論して
少し自分が高尚な人種に
なれた気がして 夜があけて
また小さな庶民

憧れにはほど遠くて
手を伸ばしても届かなくて
カタログは付箋したまんま
ゴミ箱へと捨てるのがオチ

そして些細な生き甲斐は
ときにばかばかしく思える
慌てて僕は色をさがす
滲んでても 金 銀 紫



…こんなんも、なんか自分の日常と重なるところが少なくなくて。
 うん、そうなんです。


「ただいま」
「おかえり」
「ただいま」
「おかえり」


ただのリフレイン。誰もがいつも使っている何気ない言葉。
…日常を、平凡な毎日を、こんなにシンプルに的確に切り取ることもできる。


なんてことのない作業が
この世界をまわりまわって
どこの誰かも知らない人の
笑い声を作ってゆく

そんな些細な生き甲斐が
日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に
増やしていく 水色 オレンジ

なんてことのない作業が
まわりまわりまわりまわって
今、僕の目の前の人の
笑い顔を作ってゆく

そんな確かな生き甲斐が
日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に
頬が染まる あたたかなピンク
増やしてく きれいな彩り



…僕はよく、ピアノを弾く理由を、自分の一番そばにいる誰かをシアワセにしたいから。なんて言ったりしています。料理が上手にできたり、コーヒーをうまくいれられたり、今では自分でしかそれを享受していませんが、いつか結婚する誰かとか、いつか生まれてくる誰かを、僕は自分のできるささいなことで、幸せにしたい。

そう、神は小さきところに宿る、なんて言いますが、シアワセも、愛も、きっと小さなところに宿るんでしょう。
だから、誰か探さなきゃ。
今はそんな思いを抱きつつも、自分を磨きつつ、社会問題に目を向けつつ、充実した人生を生きているような気がしています。


…このPVは森本千絵さんという、広告畑出身のアートディレクターが創っているんですよね。
 そんなんもしてみたい。文化的な活動も。









Comment
≪この記事へのコメント≫
読ませていただきました
はじめまして。
ヒロ詩と申します。
大阪でコピーライターをしています。

ブログを読ませていただき、
すごく共感できたので思わずコメントしています。

もしよかったら、この内容を、ホームページでも紹介したいのですが、お許しいただけますでしょうか??

もし差し支えなければ、こちらのブログも紹介させてください。

お返事お待ちしています!
2007/12/08(土) 11:46:47 | URL | ヒロ詩 #-[ 編集]
むしろ…
ヒロ詩さん!
すみません。逆に返事がお返事が遅れましたことをお許しいただけますでしょうか??

すっかり更新もチェックも滞っている日々でした。

むしろご紹介いただけるのであれば、うれしい限りです。

よろしくお願いします、
2007/12/12(水) 17:15:33 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。