コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
森山良子 『涙そうそう』
晴れ渡る日も 雨の日も
浮かぶあの笑顔
想い出 遠くあせても
おもかげ 探して 
よみがえる日は 涙そうそう








「涙そうそう」は沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味。
この歌詞に登場する“君”、“あなた”とは、若くして亡くなった森山良子の実兄のことで、彼への想い、想い出が歌われている訳です。

作曲はBEGINで、BEGINから送られたデモテープのタイトルに書いてあった言葉が「涙そうそう」。この一つの言葉から派生して、詞が生まれていったようです。

こうした、一つのキーワード、きっかけから派生して何かを生み出したり、世界観を構築していけるのは、まさにアーティスト。

心に染み渡る、歌詞とメロディーの奇跡的な融合がここにはあります。
あとは、それぞれをただ味わいましょう。


一番星に祈る
それが私の癖になり

夕暮れに見上げる空
心いっぱいあなた探す

悲しみにも 喜びにも
思うあの笑顔
あなたの場所から私が
見えたら きっといつか
会えると信じ 生きてゆく



さみしくて恋しくて
君への想い 涙そうそう

会いたくて 会いたくて
君への想い 涙そうそう



…なぜ沖縄を感じさせるメロディーを聴くと、こんなにもすこやかな悲しみが胸に染み渡るのか。
不思議です。










Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。