コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
テレサ・テン 『時の流れに身をまかせ』
一度の人生それさえ
捨てることもかまわない

だからお願い そばに置いてね
いまはあなたしか 愛せない



綺麗になれた それだけで
いのちさえもいらないわ

だからお願い そばに置いてね
いまはあなたしか 見えないの









いや~これはカラオケの十八番ですね。
おふくろの。

小さい頃からさんざん聴かされてきたから、耳だけじゃなく身にも染み付いてしまいました。
…この歌詞も、今の時代では純粋に響きにくいのかもしれませんが、この時代の女の人はきっと愛しがいがあったんじゃないか、なんてちょっと古風なところもないことはない僕なんかは、思ってしまわないこともないわけで…
と、批判を恐れて、ものすごく物言いがはっきりせずにすみません。

というよりも、これはメロディが好きなんですね、すごく。
よくできた曲ですよ、本当に。
日本の歌謡曲史に燦然と輝く、美しい旋律であることだけは、強調させていただきます。







Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。