コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
スガシカオ 『月とナイフ』
僕の言葉が足りないのなら
胸をナイフで裂いてえぐり出してもいい

君の迷いと言い訳ぐらい
ホントは僕だって気づいてたのさ

いつかまたあんな風に誰かを憎むのかな
だとしたらもっともっと
抱きしめてトゲのように心に刺さればいい
あなたにずっとずっと残ればいい

今更何も言わないけれど
君の言葉は全部ウソでいいんだろう

こんな事ばかり繰り返してたら
僕の涙はいつか月に届くだろう

僕はまたあんな風に 誰か愛せるのかな
その時はきっときっと
かぐわしい風のように 時が流れればいい
いつまでもずっとずっと 続けばいい







フラれたのか、
裏切られたのか、
どちらもなのか…

少なくとも、どちらかではきっとあって。
わかるよ、わかる!シカオー!
シンクロ率高いわ、今は特に。
大学生のときからこの曲と歌詞が好きだったりしたんだけど、きっと今が一番よくわかる。
それは、大人になったからではなく。
そういうことになったから。

さておき、これは一つ前に書いた『猫になりたい』とも重なるのですよ。

抱きしめてトゲのように心に刺さればいい
あなたにずっとずっと残ればいい


ね?

トゲでもいい、キズでもいい、
忘れ去られてしまうより、記憶に確かなものとして残りたい。
たとえそれが痛みそのものであったとしても。。。
…ストーカー的かなぁ。とも冷静になれば思えるけど、
そう思えないときってあるじゃない!という想いなわけです。

キーで言えば、D♭メジャーなんだけど、マイナーに聞こえるメロディーだったりして、
なにより歌詞が曲をマイナー調にしている。

出だし。胸をナイフでえぐることはなかろうよ、
とは思いつつも、言葉で伝えても届かない悲哀、もどかしさを
うまいこと強い表現で言い当てている。
そこには、何よりも感情としての「苛立ち」がよくよく表れている。

続いて。
言い訳なんかするなや、わかってんねん、
と言葉にはせずに、心で苛立ち続ける訳です。
追求をすることの、しても成果が得られないことの、徒労感を感じながら。
そして、

いつかまたあんな風に誰かを憎むのかな

うー…すごい。
「憎む」って。言っちゃ駄目な、使っちゃ駄目な言葉でしょう。
当時大学生の私は思ったものです。
愛憎は紙一重とはよく言ったものですが、ここまでストレートに言われると
剥き出しがすぎて、苦しくもなる。
反転した憎しみを、心に突き刺す。
深読みしたらSEXのことを想起するかとも思ったけど、もっと深い話だった。

※ちなみに、愛の反対は憎しみではなく、無関心なのです。


2番でも畳み掛けるよシカオちゃん。

君の言葉は全部ウソでいいんだろう

ひゃ~!!!!!
さかな君ですよ、私はもう。

もう完全に浮気されてるね、こりゃ。
そんでそのネタをつかんでしまっているね、不幸なことに。
もしこれを言葉にして相手に伝えたとしたら、
鬼塚平八郎(昭和の名刑事:よしのぶちゃん誘拐事件とかで有名)も
真っ青な追い込みっぷり。
まぁ言ってないんだろうな。言ったら逆に負けな気がする。
そんな恋の駆け引きとか、あるよね。

でもとにもかくにも、なににせよ、一番言いたいことはきっと、

僕はまたあんな風に 誰か愛せるのかな

なんだと思う。そうに違いなんですよ。だって、わかるもの。
恋に臆病になるというか、人間不信になるというか、
とにかくすごく不安で、不安定な気持ちになる。
つまるところ、ものすごい好きだったわけなんだけど、
人を好きになりすぎて、自分でも不安になってしまうくらいのことが
少なからずあったりするもんなんですよ、ほんとに。

はあ、シカオはだてにカタカナじゃない。

一つだけ。一つだけ物申す。

1番「いつかまたあんな風に誰かを憎むのかな 」
2番「僕はまたあんな風に 誰か愛せるのかな 」

この順番はこれでいいのかということ。
「憎む」が後の方が、より強調されるんじゃねえの?
「愛する」とのコントラストで。
テクニック、構成的には。
って、大学生のときなんかは思ったものだけど、
今ではよくわからない。

感情的になったから、先に強い思いがほとばしってしまった、とか。
こうしたことを経て、もう諦めて心に少しだけ新しい風が吹いた、とか。
そうした恋は恋で、悲恋であったとしてもハッピーエンド的に収斂していく、とか。

いろいろ考えられる気もしてきた。
そのどれでもないような気もしつつですけど。


…なんかサンボマスターみたいな語り口が多くなってしまったけど、
 世界はそれを愛と呼ぶんですよ。きっと。






Comment
≪この記事へのコメント≫
インテリナルに付き合う私の身にもなってくれ。
まあやっぱり「誰か愛せるのかな~」って
未来へのやんわりした思いの方が
憎んだ過去よりずっとずっと続いてほしい希望なんだろうから
順番はこれが素直なんではなかろうか。

いんじゃないすか。
反復する生き物ですから。
にーんげーんっていいなぁ~~
2007/05/11(金) 15:46:25 | URL | みさこ #-[ 編集]
今の私
二年親友であり
その後 一年恋人だった彼
円満に
私の前から姿を消そうとした。
だけど 真実は悲しい

私以外の人と結ばれる約束をしていたから。

心壊れるまで泣いた
毎日、毎日 、
それでも時間は流れる

この歌を聴いて
涙が自然に流れてきた。
今の私の気持ちだから

思い出したい愛はあれど 私という存在が
彼の中にトゲのように
残ればいい…

何も望んでいないのだから
2010/05/12(水) 23:41:38 | URL | あっちゃん #-[ 編集]
過去の私
あっちゃん…さん

コメントありがとうございます。
お察し…いたします。
ボクも昔、本当に同じように思ったこと
あったから。

…かなり昔の記事だったので、
あらためて読み直してみて
自分の軽薄な文体に驚きつつ、
でもいろいろと思い出しました。

きっとはじめから裏切るつもりではなかった
…と信じたい…。
でも心に嘘はつけなくて、
でも答えを出さなきゃいけなくて。。

恨みごとを言いたいわけでも、
今さら自分の元へ戻ってきてほしいわけでも
ないけど、
でも自分が愛したことと、自分を愛したことを、確かなものとして覚えていてほしい。

トゲでもキズでもかまわないから、
その人の中に残ればいい。

「せめて」もの思いは、
でもやはりはかないですね。

胸が苦しいです。

一度きりの人生だからこそ、
他にもありえた人生を想ってしまう。
一度きりだから、と割り切れることもあるけど。

難しいとこです。
たまたま昨日寝るときに、
そんなことを考えていました。

答えなど見つからぬまま
夢さえ見えませんでしたけど。





2010/05/13(木) 11:08:15 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。