コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
スピッツ 『猫になりたい』
猫になりたい 言葉ははかない
消えないように キズつけてあげるよ






第一回目としては、いきなり軟派というか、柔らかいところから入ってみた。
とにもかくにもまずは、タイトルが『猫になりたい』。
なんかアナーキー。

たとえば、久しぶりに電話のあった友人から、こんなこと言われみたらどうなんだ。
想像してみてほしい。

「もしもし、久しぶり」
「おう」
「なあ、聞いてくれよ」
「なんだよ」
「俺さあ、猫になりたい

…絶句。の他に何ができる?
私なら彼におこったであろう様々な原因に思いを馳せる間もなく、受話器を
置くだろうし、置くべきだとも思う。

「…お前、何かあったのか?」と聞くのがいいのか、
「ほう、それで」と続きを促すのが友情なのか、
「いや、実は俺もそう思っていたんだよ」と笑い話にもっていくべきなのか、

私には、わからない。

さておき、全体としては、草野マサムネ独特の世界観。
不思議な魅力をもった歌詞がちりばめられているが、
注目すべきは締めの言葉。

消えないように キズつけてあげるよ

なかなか言えないよ、これは。とはじめて聴いたときは唸ったもの。
メジャーキーのなんとも柔らかなメロディーライン、
猫になりたい、という不思議な願望を表明したタイトル、
寂しい夜が終わるまでここにいたいよ、という甘い歌詞、
それでオチ が、キズつけてあげるよ、とは。

S?と単純に思うのでもなく、とても違和感のある、
つまり印象に残る強い言葉だ。

「キズつける」という言葉ほど、なんだか禁じ手的に守られた言葉もない。
女の子をキズつけるなんてサイテー、とか言われたらへこむし、
人をキズつけるようなことを言うな、とか小学校のときに習った気もするし、
とにもかくにも、人はキズつけることを、キズつけられることを、
極度に恐れている。

最近の若者の間でのコミュニケーションでも、
こうしたことが指摘されていたりして、
仲はいいけど、よく話したり、遊んだりはするけど、
突っ込んだ話をしたり、踏み込んだ関係になることを
避ける傾向があるそうな。
理由は深くわからないけど、なんかわかる気がする。
リアリティがないことが、リアリティであるような距離感に慣れている。

そうしたもろもろのことを踏まえてみると、あらためて、
キズつけてあげるよ
という響きが、際立って刺さってくる。
しかも、消えないように。

自傷癖にまで、話を広げる必要はないとは思う。
だけど、そうしたことでしかリアリティを実感できない、
リアリティの希薄さを表現しているように思えてならない。
体中にタトゥーやピアスをしまくって、親からもらった体を傷つけまくることで、
自分のアイデンティティを保っているような人の話を聞いたことがあるけど、
何かそうしたものに通じる、ほんとを求める気持ちがある人にはあるのだろう。

たいしたものだ。マサムネ。

とまあ、こうして、この曲、このフレーズは、
私の心に消えないキズとして残っているわけです。





Comment
≪この記事へのコメント≫
面白かったです
ちょくちょく拝見しています。継続して日記凄いですね。私も頑張ります。ここのところ寒いので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
2008/11/12(水) 17:27:05 | URL | アキ #-[ 編集]
いい曲ですね。
初めまして。

この歌、私も大好きなので、今更ですが、思わずコメントしてしまいました。笑

私は、最初この歌を知った時、柔らかいメロディと歌声に、彼女のひざの上で丸くなって眠っている猫になりたい・・・
っと言ってるようなイメージだったのですが。

よくよく聞いてみると、あれ?って思うような言葉が散りばめられている。

消えないように傷つけてあげるよもそうですが、その他にも・・・

星がひとつ消えた
霊園のそばのこのアパート
砕けるその時は君の名前だけ呼ぶよ
暖かい幻を見てた

主人公って、誰?君って誰?
ひょっとして幽霊・・・??
などと考えてしまう。

受け手によっていろんな解釈ができる。
本当にたいしたものですね、草野さん。

初めてで長文しつれいしました。
2009/02/10(火) 23:25:38 | URL | やまぼうし #HWVtLYyQ[ 編集]
たしかに…
はじめまして。
コメントありがとうございます。
確認遅れまして失礼しました。。
すっかり、このブログから管理者本人が離れていました。

たしかに…気になる歌詞が多い曲ですよね。というかスピッツの、草野氏の曲には気になる言葉が多い。
よくよく考えたら意味はよくわからないままに、だけどもフレーズがイメージとして不思議とわいてくる。ような気がする。
言葉のチカラですかね。
独特の世界観がうらやましいです。

霊園のそばのアパートは、変にリアリティがありますけど…昔そういう人がいたもので。。

返事が遅れましてしつれいしました。
これからもどうか見てやってください。
更新…がんばります。

2009/02/18(水) 18:28:11 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。