コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
THE BOOM 『星のラブレター』
君に会いに行くよ 君に会いに行くよ
愛してます 好きにしてよ
君に会いに行くよ








これは、もう十八番。松坂の背番号。オハコですね。

昔たまたま聴いていたラジオ番組で、ロンドンブーツの敦がこの
歌を歌っていて、すげーいい曲だな、と思って以来、十八番。
カラオケでは、「またかよ」と知っている人に思われようが、
ほぼ必ず歌います。

このサビの歌詞は、相手の了承がなければ、ストーカー行為にも
なってしまいますが、会いに行くという気持ちが、そのまんまでていて、強い。

ところで、
愛してます 好きにしてよ
とは、どういうことなのか?

男「愛してます」
女「好きにしてよ」

という会話なのか。

好きにしてよ = 好きにさせてよ または 好きになってよ

ということなのか。そのどちらでもないのか、よくわからない。

ただ男女の会話のように思っていたし、そのへんがストーカーを想起させる
何かな訳で、本当のところを知っている人がいたら、教えてください。


庭に出て 月明かりで
暖かい夜に 
君に書いたラブレターを
読み直してみるよ


我ながらよく書けた文だ
3枚も書いた
コオロギが便せんにとまった
失礼な奴だ


とか、

朝日通りは 夕飯どき
いつもの野良犬たちが 僕の知らない君の話
ときどき聞かせてくれた


とか、なんだか平和な風景、豊かな日常が、
独特の目線で描かれていて、なんかこの世界観が好きだ。

今もアーティストとして、グローバルな視点、環境問題などに
関心をもつ宮沢和史の原点が、このへんにあるのでは、私は睨んでいる。

そしてこの歌詞、

年をとって命がつきて
星のかけらになっても
昨日聴かせた僕の歌 町中に流れてる


これは、アーティストとしての存在意義を表しているのではないか?
死んだ後も、作品は残り、しかもその人しか表現し得なかった絶対的なものとして残り、
歌い継がれ、語り継がれていくこと。
そこに自分の存在意義を見いだしていると、僕は思うのです。
僕もそう思っていたりするから。

さておき、

あんなに楽しかった夏休みだったのに
君のママとも仲良くなったのに



…こんな歌詞を読むと、かつてお互いに両親に紹介までしあった女の人のことが
思い出されたりもします。
が、それはそれ。過去は過去。今は今。うちはうち。よそはよそ。

今は前向きに生きていこうと、生きていけると思えるのです。
そして少なくとも、だいぶ昔のこの歌を、ことあるたびに歌い続けている僕がいて、
宮沢さんの思いは、もうすでに実現している訳です。







Comment
≪この記事へのコメント≫
遠い昔に
二十歳の誕生日に武道館でTHE BOOMのコンサートを観ました。
遠い昔の話ですが…。

『星のラブレター』は今でも時々口ずさんでおります。

THE BOOMなら『有罪』の歌詞が好きです。
巡り逢った事が既に有罪なのに…

せつないですね。
でも…

手を伸ばしたらすぐ届く…

2008/05/15(木) 01:30:17 | URL | がんも #jhHw6g8s[ 編集]
『有罪』…タイトルからして気になりますね。
知らない曲なので、聞いてみたいです。

もしかしたら、ここでも書くかもわかりません。

『星のラブレター』って、意外と若い子もしっていたりするんですよね。20代前半の子も。なんででしょうね。
よく歌いますけど。
いい曲だからですからね。

2008/05/15(木) 19:04:42 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
「有罪」メジャーな曲ではありませんが、
すごく心に残っている曲です。
宮沢和史の声と歌詞がとても印象的でした。

そう言えば、この曲も「星」ですね。




2008/05/16(金) 18:03:55 | URL | がんも #Lk84Cx12[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。