コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
センチグラム 『ウェディングレター』
ただ無邪気でいたくて
ただ君と同じ笑顔でありたくて
ただ素直でいたくて
ただ君と同じ涙流したくて
ただ並んで歩きたくて
ただ同じ未来を見たくて






思えば…けっこう以前に「Music Birth」という番組(↓)で知ったこの曲。








…今さらながら取り上げてみたいと思います。
とても印象深かったので。

それは韓国籍である新郎と、日本人の新婦の物語。

最終的には結婚という形で結ばれる二人だが、
そこに至るまでには、新郎自身が韓国籍であるがゆえに、
彼女との結婚をためらい、ついには別れを選んだ過去もあった。

そうした実在のドラマも踏まえて生まれたこの曲。

わがままに傷付けてさよならを告げた夜
あの頃の僕はね 僕を探してた


という歌詞は、その別れを表現したもの。

遠く離れた空の下で

という言葉は、国籍の違いを端的に表したものだ。


…そんな物語を下敷きにこの曲を聴いてみてください。


サビの部分で切々と繰り返されるのは、
「ただ○○したくて」
という素朴で、身近な、特別な思い。

何も特別なことを望んでいるわけではないけれど、
そうしありふれた出来事を、一番近くで共有できる、
特別な存在でいたいという思いが溢れている。

「愛」という言葉を、あえてずっと使わずに歌詞は流れて、
でも最後に堰を切ったように、「愛」という言葉を惜しげもなく叫ぶ。
きっと根底にあるのは「All You Need is Love」。

口にしてしまうと、ありふれてしまうような
そんな気にもなるけれど、
後半までずっと使わずにきたことによって、特別な響きが生まれているような気がする。

どこにでもありふれているものだけど、
ここにしかないものとしての愛。

逃げずに、照れずに言葉にすることは、
その想いが強ければ強いほど、
実は勇気がいることでもあって。

そんな中でも、これは第三者から見ても
とても心地のよい「愛」だったような気がします。

愛…っていいよね。

ほとんど口にすることはないけど。

ときにのめりこむくらいが、ちょうどいい。

あえてなかなか口にしないのが、なおいい。

時とともにうつろい、あやふやで、とらえどころのないものだけど、
たしかなものではある。

…一生わからないくらいが、ちょうどいいような気も
 ときにします。










Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。