コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
斉藤和義 『おつかれさまの国』
辛いのはわかってる だけどわからないよ
誰だってそれぞれ 隠したせつなさは
本当は言えなくて だから言うのだろう
ありがとう 大丈夫です おつかれさまです



 




社会人になるまで、
「おつかれさまです」
という言葉を、こんなにも使うとは思わなかった。

知らなかったわけではない。
ただこんなにも使うとは思わなかった。

社外の人には「お世話になります」
社内の人間には「おつかれさまです」
と、使い分ける。

だけど、本当に仕事が立て込んできて、社内/外とかどうでもよくなるくらいに一緒に仕事をしたときなんかは、
「おつかれさまです」と、社外の人でも挨拶なりメールなりを交わしていたような気もする。

さておき、何の疑問もなく、毎日の生活の中で、当たり前のように言い交わす「おつかれさまです」という言葉。
それを、
…その人の「疲れ」に「お」をつけて、「さま」までつけて…
と、あらためて新鮮な視線で、見直す、というか捉え直してみる。
そうすることで、特別な意味を再発見する。
このあたり、さすがコピーライターの一倉さん。
当たり前のように存在しているものでも、捉える角度によってあらたな価値を見いだす。
コピーライターならではの視点です。

では気になる歌詞について。

辛いのはわかってる だけどわからないよ

辛いのは「わかってる」だけど「わからないよ」
この矛盾しているような言い回し。
ただ、このフレーズに関しては、「わからない」のは、

隠したせつなさは

という意味で消化できるが、

本当は言えなくて だから言うのだろう

このフレーズでは、また相反する言葉の表現が出てくる。
本当は「言えなくて」だから「言うのだろう」

「どっちなんだ?」という問いに対する答えは、たぶん「どっちもなんだ」。

物事の在り方や、人の心や感情は、単純に一方向からだけで捉えきれるものではない。
ああいう一面があれば、こういう一面もある。
そんな風に思う一方、こんな風にも思っていたりする。
そんな思いが、この歌詞には込められているような気がする。

本音と建前、といった話でもなく、
相対主義的な立場に身を置いて、逃げているわけでもなく、
一見ひねくれているようで、実は純粋にストレートな表現であるのかもしれない。
そういう矛盾する心こそが…もっと言えば、そういう矛盾それ自体が、
人間という存在の本質なのかもしれない。
なんて、思いました。

このシングルは12月3日に発売。
個人的には、アリナミンの2曲では、こちらの方が好きです。
それに、来週のHEY!HEY!HEY!には、ついに初(?)登場!
15周年となる今年は、いろいろなメディアにも露出して、今までになかったくらいの大活躍の斉藤和義。

本当に…

ありがとう 大丈夫ですか? おつかれさまです










Comment
≪この記事へのコメント≫
「お疲れ様」と「・・・」
どちらも多用してます。

「お疲れ様です。」社内の人にはもちろん、
社外の人にもそう言えば使っています。

より、近しい人に対する労いの言葉という間隔でしょうか・・・

会社という組織内では、ほぼ毎日耳にし、
口にしている「お疲れ様です」という言葉を
家族、恋人、友人などに疲れているときに
なにげなく言われたら、ぐっときます。

「・・・」言葉にならない、あえて口にしない
と色々ありますが・・・、この沈黙も心地よい
人間関係でありたいです。
2008/11/11(火) 17:57:31 | URL | がんも #Lk84Cx12[ 編集]
いつも…
いつもお世話になっております。
すっかりご無沙汰してしまい、恐縮です。

おつかれさまです…と言われるほどには、疲れていない=頑張っていないときには、どんな顔をしてよいものやら、最初の頃は戸惑ってしまいましたが、最近では「おはよう」や「こんにちは」のように、意味というよりは、響きで交わす言葉だと認識するようになってますね。ええ。

沈黙を沈黙として泳がせておける間が、大事だというのには共感です。
昔、どこかのブログで書いたような記憶もありますし。

ひとまず、またある程度のペースで書いていこうかと。
思っております。

※ちなみにTCCリレーコラムは、読んでなかったです。
 すみません
2008/11/11(火) 23:38:27 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
はじめまして!
はじめまして、nonnoと申します!

斉藤和義さんが好きなので
以前からよくのぞかせていただいていました。

>本当は言えなくて だから言うのだろう
>
>このフレーズでは、また相反する言葉の表現が出てくる。
>本当は「言えなくて」だから「言うのだろう」
>
>「どっちなんだ?」という問いに対する答えは、たぶん「どっちもなんだ」。

ここのところ、私も不思議な歌詞だなぁと思ってました。
私は、

 辛いとか大変とか、「本当のこと」は言えなくて、
 だからこそ「ありがとう、大丈夫です」って言うんだ

って意味なのかなって思って勝手に理解してたんですが
今回のを読んで、こういう意味もあるんだ!と新鮮でした♪

歌詞って各々いろんなとらえ方ができるから
おもしろいですよね~。

これからも素敵な歌詞をぜひぜひ紹介してください。
では、失礼いたしました~
2008/11/18(火) 01:04:35 | URL | nonno #WO.8kER.[ 編集]
そのとおりっ
コメントありがとうございます。

月曜日のHEY!×3はやはり初登場だったらしく、
本人もファンと公言していたダウンタウンとのトークも
よかったですね。
なんだか。今週のR25にも出るようなので楽しみです。

さておき、歌詞について。

>辛いとか大変とか、「本当のこと」は言えなくて、
>だからこそ「ありがとう、大丈夫です」って言うんだ

…そのとおりっ、と思ってしまいました。
そういう意味なんだと思いますよ。
素直にとらえたその解釈が正しいんだと思います。

♪本当(のこと)は言えなくて だから言うのだろう
 ありがとう 大丈夫です おつかれさまです 

…そのぐっとこらえる感じ、がポイントなんですよね。
僕の解釈とも根のところは同じような感じではあるんですけど、2番の歌詞なんかでは、

♪本当は言いたくて だから言うのだろう
 ありがとう 信じてくれて どうもありがとう

…とくるわけです。
これなんかだと、

♪本当(のところは)言いたくて だから言うのだろう

なんて読めてきます。
コピーライターだけあって(?)同じフレーズでも
一筋縄ではいかない感じがありますねぇ。

ともかく、本音ってなかなか言えませんよね。
でも言いたいときや、言わなきゃいけないときって
ありますよね。
そんなことをよくよく思い出しました。
ええ、自らを省みて。

これからもするどいご指摘、お待ちしております。
おつかれさまでした。


2008/11/18(火) 23:55:21 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
鶏と卵 ≒ 詞と曲
ちょうど、自分もどうなのかなぁ…と思っていたことについて、同じように疑問を持っていた方がいましたので、ここで少し述べさせていただきます。
そのことによって、その方への回答にもなるような気がするので。

その疑問とは、
『やぁ無常』と『おつかれさまの国』について、歌詞が先にあったのか?曲が先にあったのか?というもの。

この疑問について、まったくの推測ですが、自分の中の勝手な確信を述べさせていただければと。(調べればわかるかもですが、あえて勝手にしゃべります)

『おつかれさまの国』は「歌詞」が先!
『やぁ無常』は曲か詞の前に「サビ」が先!

だと思います。

その(勝手な)理由を言います。

『おつかれさまの国』の作詞は、一倉宏さん。『ウェディングソング』も書いた人です。理由のその1は、『ウェディングソング』が、歌詞が先にあったという事実。
もうひとつの理由は、あのCM自体のコンセプトがあって、そこから曲が生まれているはずだから、というものです。
「その人の疲れに『お』をつけて『様』までつけて…」という歌詞は、CMの中でコピーとしても使われています。
というか、アリナミンの企画全体のコンセプトがそこにあります。
アリナミンのコンセプト=おつかれさま。
その企画提案がまずあり、その中で生まれた曲、それが『おつかれさまの国』。
CM企画 → キャッチコピー → 歌詞 → 楽曲
なので、この場合、歌詞が先!という推測は当たっていると(勝手に)思っています。

次に『やぁ無常』について。
これは、CMで必要なサビから先に作っていったんじゃないかと、そう睨んでいます。
理由は、Aメロとサビの曲調の違いです。
ブログにも書きましたが、Aメロはマイナーで、サビはメジャー調の曲の構成になっていて、経験的にも…サビがまずあり、そこからAメロを作っていった流れは、間違いないんじゃないかと。
メッセージ性もだいぶ違いますし。だから、これも勝手な推測ですが、『やぁ無常』というタイトルもサビができた後に、Aメロを作っていく過程でできたんじゃないか…とすら思います。
歌詞は中島信也さんとの共作になっていますが、たぶんサビの部分についての共作な気がします。CM用に必要なサビをまずつくり、その後に曲を完成させた。そこは確からしいという変な確信が自分には、あります。
それでも、そのつなぎが強引な感じではなく、楽曲としてAメロとサビの変化が気持ちいい仕上がりになっているのは、斉藤和義の力量なんだと思います。

…と、今まで書いてきたこと、それは全部、私の推測なので、決して鵜呑みにしないようにしていただきたいのですが、そんな感じがどうしてもしています。

どうでしょうか?
皆さんはどう思われます?
もしくは、ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひお教えいただきたいです。

よろしくお願いします。

2008/12/24(水) 17:50:10 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
するどい
お疲れ様です。

歌詞が先か、曲が先か、サビが先か
の意見について一言。
正しいか否かは別として・・・
鋭い考察ですね。

アリナミンのサイトで斉藤和義氏本人が
『おつかれさまの国』について
「一倉さんが詞をかいて、僕が曲をつけた」
とおっしゃっております。

曲をつけたといっている所から、先に詞が
あったと推測されます。

同様に『やぁ無情』については
「CMのスポット部分しかなくて・・・」
と語っています。つまり『サビ』が先と
思われます。

「WHITE ROOM」という番組内でも同様の
事が語られていましたよ。
日曜日の午後にNHKでたっぷり45分間も
斉藤和義のトークが聴けるとはラッキーでした。

リリー フランキー氏との語らいは心地よく
アコギ1本で「歌うたい・・」「アゲハ」
「おつかれさま・・」「やぁ無情」などの
弾き語りは嬉しかったですね。

カーラジオから聴こえてきたのが、たまたま
「斉藤和義特集」だったり、TVで見かけたり
嬉しいものです。偶然の出会いって・・・


正しいか否かは別として・・・と前述しましたが、
以上の見解から、がんもはキクチ様は
正しいと踏んでおります。
2008/12/26(金) 18:44:28 | URL | がんも #Lk84Cx12[ 編集]
あえてたしかめず

管理人様にご意見を求めましたが
早速にご回答頂きありがとうございます。
また情報開示していただき
お二人から貴重なご意見をいただき本当にありがとうございます。
私が申し上げたのは
「CMタイアップ作品」の場合にあって
詞先、曲先どちらかという問いで

アリナミンの本二曲についてのお訊ね事でした。

お二人方の意見を頂戴し、改めて情報過多な時代にあって、
自分の意見、確かな眼を持つことの重要性を再確認いたしました。

ネット全盛の時代ですから、
調べる気になれば容易に回答は得られることかもしれませんが
仮説を立てた上でプロセスを踏み実証する…(それも歌詞からそれを読み解く!)
管理人様の力技、勝手ながら興味深く拝見いたしました。
2008/12/27(土) 17:07:50 | URL | 行人 #-[ 編集]
ありがとうございます
がんもさま 行人さま

ありがとうございます。
おつかれさまです。

年末年始にたて続いた、
まさかのぎっくり腰と風邪によって
確認がすっかり遅れてしまいましたが、
お二人のコメント、ありがたく読ませていただきました。

私も…少しでも調べてみればよかったのですが、見切り発射であれこれと言ってしまいましたものの、まるっきり的外れではなかったようなので、よかったです。
…というか安心しました。

ラジオなどは聞き逃してしまいましたが、
レコード大賞は見ました。
もっと聴きたい想いもありましたが、

来年は…紅白とか。
是非とも見てみたいものです。

2009/01/04(日) 21:02:03 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
体調はいかがですか?
ぎっくり腰と風邪とは大変な年末年始でしたね。
お見舞い申し上げます。

昨年、がんももぎっくり腰を経験いたしましたので、
その辛さ本当に良く分かります。
お大事になさってください。

『月影』楽しみに待ってます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

2009/01/05(月) 12:12:50 | URL | がんも #Lk84Cx12[ 編集]
古い記事へのコメントですみません。。。
> 辛いのはわかってる だけどわからないよ

辛い気持ちは分かるけど、でも実際の辛さや切なさは本人にしか分からないですよね。 と解釈してますよ。

かすみ草といい、真夜中のプールといい名曲ですね。
2009/12/04(金) 01:09:54 | URL | K(通りすがり) #OlxLmPO6[ 編集]
こちらこそ返事が遅れてすみません。。。
はじめまして。
コメントをするのが遅れてすみません。。。
いくつかの諸事情があったのですが、
そのどれもが言い訳にしかすぎないので、
詳細は語りません。

>辛い気持ちは分かるけど、でも実際の辛さや切なさ
>は本人にしか分からないですよね。 

おっしゃるとおり!だと思います。
何が、どう、辛いのかはわからなくても、
辛いんだろうな、ということは
端から見てもわかりますものね。

辛いときに人は、その内容を伝えて共感を得たいこともあるけれども、
内容や詳細はともかく、辛いってことだけ聞いてほしいときもありますものね。
アドバイスではなく、大変だよね、とか、わかるよその気持ちとか、意外とどうでもいいような言葉が逆にほしかったりするときが。
あるような気がします。

そう、私がコメントをしそびれていた理由とか…
詳しくは聞かずとも、なんかあったんだよね
とだけ思っていただければ幸いです。。
2009/12/31(木) 01:29:21 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。