コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
羞恥心 『羞恥心』
ドンマイ ドンマイ ドンマイ ドンマイ
泣かないで








歌…の力によって、勇気づけられること、ありますよね。
僕は実はこの歌によって、最近とても勇気づけられました。
恥ずかしながら…


その日…忘れもしない雨の土曜日。
思いのほか深くなってしまった前日の酒の余韻に浸りながら、10時ごろ私は自宅に着いた。
午前中の予定を早々に済ませながら、17時から草野球の試合があったことをふと思い出す。

私の所属する野球チームは会社のメンバーだけで構成されている。
長い歴史があるようだが、そのことを知る者も、語る者もあまりいない。
存続さえ危ぶまれていた時期もあったようだが、3年前、私と一緒に入部した何人かの若いメンバーによって息を吹き返し、昨年のちょっとした大会ではベスト8にまでのぼりつめた。
私は入部して数ヶ月で、声と態度が大きいという理由でキャプテンに任命され、その任期も定かではないままに、持ち前のふてぶてしさでチームを牽引していた。

窓の外の雨は、激しさをやや強めたようにも見えた。
少なくとも止みそうな気配は感じられない。
ベランダに出ると、少し肌寒い風が頬に触れる。見下ろす目黒通りには人影もまばらで、路面は隙間なく雨が染みている。
中止か…長年、草野球を経験する者なら誰もが至る結論に私も達した。
たとえ、この瞬間にぴたりと雨が止んだとしても、グラウンドの状況を考えると実施を許可する施設があるとは考えられない。
念のため、中止の連絡がくるときのために、ポケットにケータイをいれたまま、私はベッドに横たわった…

…うつろな目で天井を見上げると、すでに夕方の色だった。
ふいに不安になり、窓の外を見た。弱まりながらも降り続けてる雨を確認してほっとする。
時計を見ると18時を回っていた。もし止んでいたら…と想像してひやりとしながら、携帯を見た。

着信15件

…ん?
状況がつかめないまま、着信履歴の顔ぶれを見て青ざめた。
先輩、部長、監督…すべて野球チームのメンバーからで、15:30を皮切りに、つい10分前まで連続して3人から立て続けにかかってきていたのだ。
そして着信していたメールを読むと、
今日は雨天でも決行!の文字が。
気が遠のいていく感覚を覚えた。
最初に電話をしてきていたのは、近くに住む先輩で、いつも彼の車に乗せてもらって球場へ向かうため、恐らく迎えに来て何度も電話をしてくれたのだろう。
たまたま運悪く、引っ越したばかりだったので、ここの住所は知らず、それでも何度もかけてくれたようだ。15:30から16:00まで、ほぼ5分おきに着信の履歴がある。
おそらく16時に見切りをつけて、夢の島の球場に向かったのだろう。
その後は16:30から17:00の試合直前まで、部長と監督からの電話が。
いずれも留守番電話にメッセージがないため、温度感がわからない。

恐る恐る、先輩からかけてみた。出ない。
次に、文句を言わせると面倒な部長に。出ない。
もしかしたら試合中なのかもしれない。
ああ、なんてことをしてしまったんだ。。。
キャプテンだと言うのに。しかもこの日は先発投手を任されていたというのに。
胸の奥に生まれた不安はとどまることを知らず、どんどん胸を締め付ける。
これは…週明けに会社に行くときは坊主だな…
そんな覚悟を心に秘めながら、最後に監督に電話をかけてみた。
すると…

ドンマイ ドンマイ ドンマイ ドンマイ
泣かないで~♪


着メロ?というのだろうか、耳に飛び込んできたのは、羞恥心のやさしい歌声。
野球でミスをしたときに声をかける「ドンマイ」のフレーズが胸に染み渡る。
「泣かないで」と言われて、ぐっと涙をこらえる。
そうか、ありがとう、監督。
俺、泣かない。

胸を占めていた不安が、嘘のように溶けていく。
代わって温かい安堵の想いが、ゆっくりと染み渡る。

…結局、監督は電話に出ることはなかった。
でも、それで構わない。大丈夫。ちゃんとメッセージは伝わったから。

そして私は、再び布団にもぐりこみ、静かに目を閉じた。
耳にこびりついて離れない「ドンマイ ドンマイ~」のフレーズを小さく口ずさみながら。


※この話はすべて実話です。
  試合は残念ながら負けました。










Comment
≪この記事へのコメント≫
面白かったです
通りすがりですが面白かったです^^
急いでいくのかと思ったらまた寝ちゃったんですね笑
2009/12/22(火) 17:20:18 | URL | hara #-[ 編集]
そうなんです
もうどうせなら、と寝てしまったのです。
とてももう間に合うようなタイミングでもなかったですし。
それに、もしかして寝て冷めたら夢だった…
という奇跡が起こるかもしれないし。

…もちろん起きませんでしたけど。
奇跡もですが、それからしばらく。


失礼しました。

2009/12/31(木) 01:38:35 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
最高!w
2010/09/03(金) 19:44:17 | URL | #-[ 編集]
あざす!
お楽しみいただけましたか?

野久保…ドンマイ!

2010/09/05(日) 22:13:06 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。