コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
斉藤和義 『ため息の理由』
なぜ変わりたいの?
そのままでいいのに
平凡は悪ではない
無理に笑うより







…単純にいい言葉だなぁ、と思って。
いつもみたいにしのごの言いません。

4月4日(金)弾き語りの追加公演に、幸運なことにまた行けることになりました。
ありがたいことです。
そこに向けて、15年分の全歌詞をほぼすべて見て、気になるコトバをストックしはじめたら…
…400を越えました。。。名言の宝庫ですね。
語録として出版とかしてみたい気分です。
みなさんはどんな言葉が好きですか?
募集とかしてみたい気分です。

…さておき、少し冒頭の言葉について。
「個性」に必要以上に重きをおく時代ではありますが、
無理に個性的であろうとすることは、
やはりどこかおかしなことです。
自分らしく自然体であることこそ個性的なはずなのに。
ファッションでも、行動でも、言動でも、無理しすぎの人が
多いように見えるのは気のせいでしょうか。

逆にみんなが同じ方向に無理をするものだから、
かえって没個性になっていくというのは、どこか皮肉なことです。

まあだからと言って、「KY」という言葉がはびこるように、
空気を読むことばかりが重要視されて、
波風たてるような意見が言いにくい空気も、どうにかしてほしい。

…と、気づくとしのごの言っていました。
このへんで。
ちなみに私のイニシャルは「KY」です。







Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。