コピーライターが気になる歌詞

我輩はコピーライターである。 出世作はまだない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
RADWIMPS 『me me she』 その3
「さよなら」と一緒に 僕からの言葉を
「ありがとう」と一緒に 「ごめんね」を







もうここまできたら…と開き直っての、その3。
もういまさら、ためらってなどいられない。

ようやくこの曲も、この曲を取り上げた一連のブログ記事も
エンディングを迎えるわけです。

「ありがとう」と一緒に 「ごめんね」を

…ごめんなさい。これ書きました。
自分の過去のメールを覗いたのかと錯覚するくらい、
間違いなく書きました。
「ありがとう」と一緒に「ごめんね」を。

どちらも同時に、同じくらいの想いをこめて伝えたい言葉だから、
ちゃんと伝わるのかわからないままに、
身勝手にも両方を繰り返した記憶が、まだ脳にあります。

これには、共感というか共鳴してしまった。


そして、この歌詞には、最後の畳み掛けとして、
次のような言葉が、重なって歌われます。


「空が綺麗だね 人は悲しいね」
また見え透いたほんとで僕を洗ってよ
次がもしあれば

僕の好きな君 その君が好きな僕
そうやっていつしか僕は僕を大切に思えたよ



「また見え透いたほんとで僕を洗ってよ」
こんな素敵な言葉なんて!よくよく読んで、聴いて、感じちゃいなよっ!you!
自分がいかに汚れていたのか恥じ入るくらいに、純粋で、まっすぐで、無垢な彼女の姿が思い浮かぶ。
そんな彼女に触れるたびに、多少の苛立ちを覚えつつも、心が洗われるような感覚。
…自分にも身に覚えがあります。

そして「次がもしあれば」って、次はもうないからっ!
と思わずツッコんでしまいながらも、物悲しさを覚えるのは、
次がないからこそ、こんなことを言っているのが、わかるからかもしれない。


「僕の好きな君 その君が好きな僕
 そうやっていつしか僕は僕を大切に思えたよ」


とか、自分が好きな人が、自分を好きだという、単純な奇跡を
うまく表現している気がする。
それに、相手は自己愛を写し出す鏡だったりもして、
自分の好きな人が好きな自分なら、好きになれるという感じ。
あまりにも相手を想いすぎると、自分なんて…と恥じ入る感覚が生まれるとか。
スタンダールの恋愛論にも、そんなようなことが書いてあったような気がする(たぶん)。


そしてそして、この歌は最後はこんな言葉で締めくくられる。

この恋に僕が名前をつけるならそれは「ありがとう」

…これも、多少の気恥ずかしさを超えてしまえば、素直に受け取れる気がする。

君がこの世に生まれて、僕がこの世に生まれて、よかった。
君と出会うことができて、よかった。
君を好きになって、君に好きになってもらえて、よかった。

だから、

生まれてくれてありがとう。
出会ってくれてありがとう。
好きになってくれてありがとう。

です。


もしくは…

…もしも、一つだけしか言葉を伝えられないとしたら、
「ごめんね」よりは「ありがとう」
「ごめんね」という意味もこめて「ありがとう」









Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして
携帯からですが、よくお邪魔しています。
この曲、全く知らないのですが…。
ブログ読んだら、なんだか切ない気分になって…思わず涙しちゃいました。

そして、今付き合っている彼氏を心から大切にしようと思いました。
彼もきっと「ごめんね」と「ありがとう」って言えちゃう人だから…。

…すみません、私事になりました。
この曲を探してみたいと思います。
ありがとうございました。

またお邪魔させていただきます。
2010/03/08(月) 01:50:43 | URL | maico #-[ 編集]
はじめまして
携帯からですが、よくお邪魔しています。
この曲、全く知らないのですが…。
ブログ読んだら、なんだか切ない気分になって…思わず涙しちゃいました。

そして、今付き合っている彼氏を心から大切にしようと思いました。
彼もきっと「ごめんね」と「ありがとう」って言えちゃう人だから…。

…すみません、私事になりました。
この曲を探してみたいと思います。
ありがとうございました。

またお邪魔させていただきます。
2010/03/08(月) 01:51:47 | URL | maico #-[ 編集]
こちらこそ
はじめまして。
maicoさん。

私こそコメントを見ていたら…思わず涙しそうになりました。
なぜだか切ない気分になって。

詳しい事情はもちろん知りませんが、
今の彼氏を大切にしてください。

そしてこの曲をぜひ探してみてください。
言葉だけでは半分も、伝わっていない気がしますから。
もし聴いたとしたら、その感想をぜひお聞かせ下さい。

きっと…きっとまた涙させてしまうかもしれませんが。

ご感想、お待ちしています。
2010/03/09(火) 02:34:27 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
「ありがとう」>「ごめんね」
RADWIMPS という名を初めて知りました。 
もちろんこの「me me she」を聴くのも初めてです。

たぶんkikuさんがこちらのブログに書かなければ
きっと出会わなかっただろうなと・・・

オススメされていたように歌詞を眺めながら
PVも見させていただきました。

PVの最後印象的ですね。。。
余韻が残ります。

学生時代ただひたすら一緒に歩くだけの
デートを思い出しました。

何をする訳でもなくて、ただ隣に好きな人が
いるってだけで良かった気がします。


「僕の好きな君 その君が好きな僕
 そうやっていつしか僕は僕を大切に思えたよ」

誰かを好きになるって自分を好きになるきっかけだったりして・・・

「ありがとう」と名前をつけられるような
恋を自分はしてきただろうか・・・

2010/03/09(火) 19:32:32 | URL | がんも #Lk84Cx12[ 編集]
memeshe=女々しい
がんもさま

いつもありがとうございます。
ごぶさたしていまい…申し訳ございませんでした。

はじめて出会ったということでしたが、
私もこのブログを書いたまさにその日に
はじめて出会ったようなものでした。

PVもいいですよね。
youtubeには、他のPVもありますが、
他のもなかなかよいのです。
ぜひご覧ください。
また、近いうちに書いてみようと
目論んでいますので。

ちなみに…なによりもこのPVについては、
お金をかけずに作っているのが偉いとは
思いました。
作り手としては。


>「ありがとう」と名前をつけられるような
>恋を自分はしてきただろうか・・・

これは…確かに自分も過去を振り返ってしまいました。
でも、「ありがとう」と言えるような恋はしてきた自負はあります。
相手がそれを言われて、どう思うかは正直わかりませんが、僕の気持としては「ありがとう」とは、いつも言える気がしました。
うまくいかなかった恋でも…いや恋だからこそ、それでも出会えたこととか、すごく心を動かされた体験とか、その人とじゃなきゃできなかったはずだと思うので。
下手をすれば、その人を生んでくれた、その人の両親にも「ありがとう」と言いたい気持にもなります。

それに…この歌詞にもありましたが、相手も同じように思ってくれるならば、自分が生まれたことになにか意味を見いだせるような気持にもなります。
相手によって、自分の存在を感じられる。
たしかなものとして。

そういうのって、いいなぁといつも思います。
恋愛って。

…女々しいですかね?

2010/03/10(水) 17:54:19 | URL | kiku #Di5TU3Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。